[C# SolidWorks API] メッシュを生成する

有限要素法による数値シミュレーションを行うためには,対象を有限個の小さな要素に分割する必要があります.この作業が,メッシュ生成です.

平均要素サイズ節点間距離の許容値を設定して,メッシュ生成を行う方法を見ていきましょう.

実行例

下の左図にような立方体に対して,メッシュを生成したものが右図です.

mesh

右図のようなメッシュを表示するためには,プログラムを実行後に,スタディのメッシュを右クリックしてメッシュ表示を選択してください.

showMesh

コード

全体のコードを確認しておきましょう.

解説

メッシュを生成するためのメソッドcreateMeshを詳しく見ていきましょう.

3行目
メッシュを生成するためのオブジェクトを取得しています.
ICWMesh

8行目
メッシュの品質を指定しています.
Quality
メッシュの品質は,swsMeshQuality_eで指定します.DraftHighが指定できます.

9行目
要素サイズと節点間距離の許容値を取得しています.

void GetDefaultElementSizeAndTolerance(
    System.int NUnits,                         // 単位指定 swsLinearUnit_e
    out System.double DElementSize,   // 平均要素サイズの既定値(戻り値として利用)  
    out System.double DTolerance       // 節点間距離の許容値(戻り値として利用)
                                                        // 節点間距離が許容値よりも小さい場合には,
                                                        // 1つの節点にまとめられる
)

既定値の決定方法については,メッシュパラメータの項目を参照してください.

11行目
要素サイズと節点間距離の許容値を指定して,メッシュを生成しています.

System.int CreateMesh(
   System.int NUnits,                      // 単位指定 swsLinearUnit_e
   System.double NElementSize,     // 平均要素サイズ
   System.double NTolerance         // 節点間距離の許容値
)

まとめ

APIを使ってメッシュを生成する方法を説明しました.

メッシュを生成するためのメソッドcreateMeshを定義しました.

作成したプログラムの動作を確認しました.

Post Thumbnail by -Reji

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Thank you for comment!