2次元極座標系における速度と加速度

2次元極座標系における速度と加速度

座標$latex x, y$ 座標系における座標と $latex r,\theta$ 座標系における座標の関係は次のよう書ける.$latex x = r \cos \theta $$latex y = r \sin \theta $速度上式...

記事を読む

楕円の方程式(極座標系)

楕円の方程式(極座標系)

楕円の方程式 Fと楕円軌道上の点Pの距離をr,FとF’を結ぶ直線とFPのなす角をθとして, 極座標系における楕円の方程式を導出する. 2定点FF'間の距離を2cとして,余弦定理から$latex r'$を求める. $l...

記事を読む

楕円の定義と方程式(直交座標系)

楕円の定義と方程式(直交座標系)

楕円の定義:平面上の2つの定点からの距離の和が一定となる点の集合で作られる曲線 2つの定点F, F' 間の距離を2c,F, F' から楕円上の点Pまでの距離をそれぞれr, r'とするとき, 定数a ( a > c > 0 ) に対し...

記事を読む

NO IMAGE

fvMatrixにおける境界条件の取り扱い

fvMatrixの係数行列とソース項に境界条件が反映されるのはsolverの実行中に限られる. lduMatrix::solverを継承せずに,lduMatrix.Amulを利用したソルバを書こうとして,はまった自分への戒めとして赤字...

記事を読む

NO IMAGE

lduMatrix::Amul: 係数行列Aと任意ベクトルxの掛け算

電位Vに関するラプラス方程式を解く場合を例として扱う. [crayon-5f37bfd7928a4158898934/] 以下の2つのメンバ関数は,(たぶん)領域分割をして並列計算を行う際に領域の境界(interface)に関す...

記事を読む

lduMatrix : 係数行列の格納と参照方法

lduMatrix : 係数行列の格納と参照方法

解くべき偏微分方程式は,次のような代数方程式に離散化される. $latex A_{ii} \phi_i + \sum_j A_{ij} \phi_j = s_i $ $latex A_{ij} $ : 係数行列の $latex ij$ ...

記事を読む

NO IMAGE

2つのfaceタイプ

Internal face : 2つのcellに共有される面 一方のcellをower cell 他方のcellをneighbor cell owner cellとneighbour cellの区別は,「Upper and l...

記事を読む

lduMatrix: 係数行列を保持するクラス

lduMatrix: 係数行列を保持するクラス

係数行列の上三角行列,下三角行列,対角項の成分を配列として保持しているクラス ・各係数を参照するためのメンバ関数     const scalarField& upper() const;     const scalarFi...

記事を読む

Word: TeXライクな数式入力

Word: TeXライクな数式入力

数式エディタの起動 Windows: Alt + = Mac: Ctrl + = Wordのスナップショット

記事を読む

interpolationCellPoint: 補間により任意の点における物理量を得る

interpolationCellPoint: 補間により任意の点における物理量を得る

[crayon-5f37bfd793115341034756/] 関連するクラスのソースコード   1. intepolationCellPointオブジェクトが生成すると,内挿の計算に必要な値がvolPointInte...

記事を読む

1 2 3 4